『ふるさと納税』オススメは?色々比較してみました!楽天・さとふる・ふるなび…寄附上限目安表あり!

CM等々で『ふるさと納税』という言葉自体はよく知ってるのですが、今まで面倒臭くて『ふるさと納税』やってなかったんですよね。調べてみるとやっぱりやらないと損!なんですが、同じように面倒臭くてやってなかったって方、多いんじゃないでしょうか?

『ふるさと納税』オススメサイト比較

何が損かというと、『ふるさと納税』をすれば毎年払っている住民税・所得税が、自己負担額の2,000円で全額が控除される!のですが※1、なにもしなければ、その控除が全く受けられない!ことになるんです。ですので寄附上限金額の目安表を参考に見てみると、何もしない場合は数千円〜数十万円も損をする!という計算になるんですよね。ちなみに気まぐれ管理人でも数万円の計算になるので、この制度が始まった2008年から計算すると、、、何十万も損をしてたということになるんです。あぁ『無知って損』ですね。もったいね。。

ってことで今年こそは『ふるさと納税』することにしたのですが、色んなところでやってるのでどこですればいいのかわからない!そういうのを調べたりする煩わしさから今までやってなかったのですが、今年は頑張ってその煩わしいリサーチをして、どこのサイトがいいのかを比較して、勝手に『ふるさと納税』オススメサイトを選んでみました。

※1:正確には、所得税分はその年の所得税から控除(還付)され、住民税分は翌年度の住民税から控除(住民税の減額)されます。

どれくらい『ふるさと納税』すればいいの?

「よし!『ふるさと納税』やろう!」という気になったはいいが、どれくらい『ふるさと納税』すればいいの?ってなりますよね?
この『ふるさと納税』の納税額の上限は、年収や家族構成によって変わってきますので、一概に「いくらまで『ふるさと納税』すればいい」とは答えられません。ですがこちらの目安表で、だいたいの『控除上限金額』自分の世帯が自己負担金の最低額2,000円で、どれだけ控除を受けられるかを確認できますので、まずは確認してみてください。

寄附上限金額の目安表

ふるさと納税を行う方本人の給与収入ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き※1夫婦※2共働き+子1人(高校生※3共働き+子1人(大学生※3夫婦+子1人(高校生)共働き+子2人(大学生と高校生)夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円28,00019,00019,00015,00011,0007,000
325万円31,00023,00023,00018,00014,00010,0003,000
350万円34,00026,00026,00022,00018,00013,0005,000
375万円38,00029,00029,00025,00021,00017,0008,000
400万円42,00033,00033,00029,00025,00021,00012,000
425万円45,00037,00037,00033,00029,00024,00016,000
450万円52,00041,00041,00037,00033,00028,00020,000
475万円56,00045,00045,00040,00036,00032,00024,000
500万円61,00049,00049,00044,00040,00036,00028,000
525万円65,00056,00056,00049,00044,00040,00031,000
550万円69,00060,00060,00057,00048,00044,00035,000
575万円73,00064,00064,00061,00056,00048,00039,000
600万円77,00069,00069,00066,00060,00057,00043,000
625万円81,00073,00073,00070,00064,00061,00048,000
650万円97,00077,00077,00074,00068,00065,00053,000
675万円102,00081,00081,00078,00073,00070,00062,000
700万円108,00086,00086,00083,00078,00075,00066,000
725万円113,000104,000104,00088,00082,00079,00071,000
750万円118,000109,000109,000106,00087,00084,00076,000
775万円124,000114,000114,000111,000105,00089,00080,000
800万円129,000120,000120,000116,000110,000107,00085,000
825万円135,000125,000125,000122,000116,000112,00090,000
850万円140,000131,000131,000127,000121,000118,000108,000
875万円145,000136,000136,000132,000126,000123,000113,000
900万円151,000141,000141,000138,000132,000128,000119,000
925万円157,000148,000148,000144,000138,000135,000125,000
950万円163,000154,000154,000150,000144,000141,000131,000
975万円170,000160,000160,000157,000151,000147,000138,000
1000万円176,000166,000166,000163,000157,000153,000144,000
1100万円213,000194,000194,000191,000185,000181,000172,000
1200万円242,000239,000232,000229,000229,000219,000206,000
1300万円271,000271,000261,000258,000261,000248,000248,000
1400万円355,000355,000343,000339,000343,000277,000277,000
1500万円389,000389,000377,000373,000377,000361,000361,000
1600万円424,000424,000412,000408,000412,000396,000396,000
1700万円458,000458,000446,000442,000446,000430,000430,000
1800万円493,000493,000481,000477,000481,000465,000465,000
1900万円528,000528,000516,000512,000516,000500,000500,000
2000万円564,000564,000552,000548,000552,000536,000536,000
2100万円599,000599,000587,000583,000587,000571,000571,000
2200万円635,000635,000623,000619,000623,000607,000607,000
2300万円767,000767,000754,000749,000754,000642,000642,000
2400万円808,000808,000795,000790,000795,000776,000776,000
2500万円849,000849,000835,000830,000835,000817,000817,000
※1
「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が201万円超の場合)
※2
「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。
※3
「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。
※4
中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。
例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

総務省 ふるさと納税ポータルページより

もっと簡単に、またもっと詳細な額を計算したい、と言う方は、楽天ふるさと納税サイトの『かんたんシミュレーター(2019年分)』が便利なので、こちらで計算してみてください。
その他諸々の詳細は、総務省 ふるさと納税ポータルページにてご確認くださいね。

『ふるさと納税』オススメサイトはここ!

『控除上限金額』がわかれば、あとはその金額まで商品を選んで寄付(購入)すればOK!なんですが、比較するだけで疲れるくらい、ほんとにたっくさん『ふるさと納税』できるサイトがあるんです。

そんな訳で色々比較してみて選んだ『気まぐれなんでもブログ』の一番のオススメサイトは、楽天ふるさと納税です!

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税

なぜここが一番のオススメかというと、ポイントが使えて、さらにもらえる!からです。

基本的に『ふるさと納税』実質2,000円で色んなものが買えちゃうわけなのですが、楽天ふるさと納税では楽天のポイントを使えば、お金を使わずに商品が購入(寄付)でき、さらにポイントももらえちゃう!わけなんです!
ということは、ポイントさえたくさん溜まっていれば実質2,000円は無料!にでき、所得税・住民税をポイントで払える!ってことになりますよね?

また、お礼品(商品)の数も103,730件(2019/12時点)と、豊富な品揃えですし、キャンペーンの併用もできるので、楽天市場をよく利用される方は、楽天ふるさと納税一択になるんじゃないでしょうか。なお現在『100円~2,000円OFFクーポンがもらえる』キャンペーン中!なので、さらにお得に『ふるさと納税』できちゃいます!

『楽天ふるさと納税』で寄付する>>>

『ふるさと納税』ができるサイト比較

ほんとにたっくさんの『ふるさと納税』できるサイトを比較したので、それ全てをあげればキリがなくなってしまいます。ですので、有名どころのサイトを5つ選んで比較してみました。

サイト名楽天ふるさと納税au Wowma!ふるさと納税さとふるふるなびふるサポーターズ
お礼品の数103,730件32,450件124,226件61,532件1件
ポイント×××

(2019/12時点)

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税は先に書いたので、詳細はこちらへ。

楽天ふるさと納税

au Wowma!ふるさと納税

au WALLET ポイントが使えてもらえるので、楽天同様、こちらもオススメです!auユーザーの方は、auかんたん決済も利用できるようですね。現在ポイントがもらえるキャンペーン中!

さとふる

「ふるさと納税に関するアンケート」において、認知度4年連続No.1、会員登録率は3年連続No.1、利用率は2年連続No.1、なんだそうです。お礼品の数が多いのがうけてるのかもですね。

ふるなび

貴乃花さんのCMでおなじみの『ふるなび』ですね。っていうか、なんで『ふるな「ぴ」』を推してるんでしょうね。全くもって面白くもなんともないのに。。現在Amazonギフト券プレゼント中!

ふるサポーターズ

「魚沼産コシヒカリ」のみですので、いつも「魚沼産コシヒカリ」を食べている方はいいかも。あと面倒な寄付の手続きを代行してくれる!のはありがたいですね。現在Amazonギフト券プレゼント中!

まとめ

いやーしかし、ここ10年以上で何十万損していたんでしょう。。もっと早く邪魔臭がらず『ふるさと納税』に向き合っておけばよかったなぁ。中古車の一台くらい余裕で買えてるんですよねぇ。

ってことで、まだ『ふるさと納税』したことない方、これを機に無駄に損するのではなく、賢く得しちゃってください!!

楽天ふるさと納税



関連記事

ドメインを最安値で管理する!!主要ドメイン会社の価格比較


2015/10/02 時点で、アクセスできなくなってますね。 というわけで、みんなのドメインはやめておきましょう。…

記事を読む▷


Dispute05

Aliexpressで買い物をして、届かなかった時の対処法:『Open Dispute』を申請する方法


中国から買い物、ちょくちょくします。やっぱり日本で買うより安いものが多いんですよね。日本で売ってる小物に限らず、電化製品…

記事を読む▷


免許更新のお知らせ

運転免許証は写真を持参して作ろう!サイズは注意!(免許更新時の失敗例)


以前『免許失効。。一発で再取得するために!その1:免許を失効するとどうなるの?費用・手続き等』で書いたのですが、ようやく…

記事を読む▷


Sandals00

擦り減った靴底の修理DIY 第一弾!:サンダル編


靴底が擦り減ったスニーカーやサンダル、ブーツが結構あるんですが、『もうちょっといけるかな?』と何年も放置しちゃってました…

記事を読む▷


lost-drivers-license-2-01

免許失効。。一発で再取得するために!その2:【必読】技能試験を受かるための注意点!!


前回『免許失効。。一発で再取得するために!その1:免許を失効するとどうなるの?費用・手続き等(6ヶ月〜1年以内の場合)』…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください