フォーサに『真空バッグ』が新登場!丸型・角型との真空保存容器比較も!使用レビュー&口コミ

真空保存容器『フォーサ』真空で保存することの良さについては、以前に角型・丸型『フォーサ』についての記事をいくつか書いてわかってるので毎日使わせてもらってるのですが、「袋タイプも出てくれたらなぁ」と思い、実は色々と袋タイプの真空保存袋(真空バッグ)を物色していたんです。

ですが、最初に丸型を使った時「角型がでればいいのになぁ」と思ってたら登場した!という事があったので、「袋タイプもいつかでるはず!」と思い『フォーサ』の真空保存袋(真空バッグ)がでるのを待っていたところ、「やっぱり出た!」ということで、今回もゲットさせていただきました!

FOSA(フォーサ)真空保存バッグ 基本セット サムネイル

丸型・角型『フォーサ』も勿論いいんですけど、この袋タイプ『フォーサ』超便利!! というより、今ままでで一番『使えるやつ』といってもいいかも!です。

そんなわけで今回は袋タイプ『フォーサ』の真空保存袋(真空バッグ)についてのレビューを書きたいと思います。

目次

  1. 袋タイプ『フォーサ』のいいところ!
    1. 『新鮮さ』が長持ちする!
    2. 冷凍保存ができる!
    3. 電子レンジで使える!
  2. 袋タイプ・角型・丸型『フォーサ』の比較表
  3. 袋タイプ『フォーサ』を使ってみて
  4. おまけ


明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

袋タイプ『フォーサ』のいいところ!

食材は真空で保存することで酸化が防がれ、普通に保存するのと比べると 栄養価が全然変わってくる!ということは今までの『角型・丸型』となんら変わりはないのですが、この袋タイプ『フォーサ』は、かなり使い勝手がいい!んですよね。ですので、なにがどう『使い勝手がいい!』のか書きたいと思います。

FOSA(フォーサ)袋タイプの真空保存バッグと角型フォーサ

『新鮮さ』が長持ちする!

食材の『新鮮さ』が長持ちするというのは、今までの『角型・丸型』も同様なのですが、使った感想からするとその『新鮮さ』圧倒的に袋タイプ『フォーサ』の方が長持ちさせてくれます!

これを見ていただければよくわかると思うのですが、

FOSA(フォーサ)袋タイプの真空保存バッグ:真空保存テスト・キャベツ7・14日目

7日どころか、14日経ってもほぼほぼ色変わってないですよいね?

あまりにも変わってなさすぎるので、色の変わりやすいレタスで、わかりやすいように色のすぐ変わる茎部分をカットして保存&試してみたのですが、

FOSA(フォーサ)袋タイプの真空保存バッグ:真空保存テスト・レタス7・14日目

それでもこんな感じです。普通に保存するだけだと、1日もすればすぐ赤くなってきますが、全然赤くなってないですよね?

ちなみにレタスは真空にしすぎると、繊維が壊れてしまって「クシャ!」ってつぶれる感じがしたので、若干真空状態はキャベツよりも弱めにしたのですが、それでもほとんど色は変わってない=酸化は防がれ『新鮮さが保たれている』のがわかりますよね。

もうしばらくこのままの状態で試してみようと思いますが、どこまでこの『新鮮』な状態がキープされるのか、ちょっと楽しみですね。(結果が変更され次第更新予定)(14日目を追加・更新しました)

ちなみに『角型・丸型』の時にも、同様にキャベツやレタスを使って試してみたのですが、やはり真空ではあるものの、袋タイプのように空間がなくなるような密閉状態ではないので、長持ちはするものの『新鮮さ』という面では正直ここまでではありませんでした。ですので、長期保存するのであれば、袋タイプ『フォーサ』の方が優れているのかな。と思います。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

冷凍保存ができる!

『フォーサ』冷凍保存ができるようになったのは角型『フォーサ』が出た時からなのですが、冷凍庫に容器ごと入れるとやはり場所をとってしまうんですよね。ですので使えることはわかっているのですが、今まで冷凍庫に角型『フォーサ』を入れたことはなかったんです。

ですがこの袋タイプ『フォーサ』は、狭い冷凍庫の中でも容器の形や大きさに関係なく使える!ということで、大活躍してくれます!

また、今まではZIPロックのような真空にできない保存袋に入れて色々食材を保存してたのですが、いくら冷凍といっても冷凍焼けをして、時間が経つとどうしても冷凍の匂いを感じたりして、冷凍のよさ恩恵をあまり感じたことはなかったんです。ただちょっと長持ちできるかな?って感じですかね。

ですがこの袋タイプ『フォーサ』にて野菜や果物を保存したところ、おいしさが断然長持ちして冷凍の恩恵を感じれるようになった!んですよね。

ブロッコリーやカボチャなどはよく余ってしまうので、冷凍して久々に出して食べてみたら味が変わってた。。ということがちょくちょくあったのですが、これでもう心置きなく冷凍保存できそうです!

ちなみにいつもスムージーを作るためにバナナの冷凍をしているのですが、今回はこのようなシュガースポットがたっぷり出た、色の変わりやすい状態のバナナで、 「袋フォーサ・冷蔵」「ZIPロック・冷凍」「袋フォーサ・冷凍」の3つのパターンに分けて実験してみました。

FOSA(フォーサ)袋タイプの真空保存バッグ:真空保存テスト・バナナ

10日後、このような感じになりました。

FOSA(フォーサ)袋タイプの真空保存バッグ:真空保存テスト・バナナ10日後

左から 「袋フォーサ・冷蔵」「ZIPロック・冷凍」「袋フォーサ・冷凍」なのですが、左の冷蔵は流石にそろそろ厳しいかな。という感じなので、次の日脱落しました。

冷凍の右二つは大丈夫そうではあるのですが、 「袋フォーサ・冷凍」(右)は色も変わらず全然大丈夫そうなのに比べ、 「ZIPロック・冷凍」(中)はすでに色が変わり始めてますね。

引き続き実験したいと思います。(結果がわかり次第更新予定)

電子レンジで使える!

『フォーサ』電子レンジで使えるようになったのも、角型『フォーサ』からの進化ではあるのですが、やはり冷凍から解凍する時など、そのまま口を少し開けるだけでそのままチンできる! というのは便利ですね!

FOSA(フォーサ)袋タイプの真空保存バッグ:レンジ解凍OK

ただ加熱には使えないので、基本は調理するためには使えないのと、油分がある食材では耐熱温度を超えることもあるので、そのような場合は別容器に移して解凍する必要があるので、そこは注意してくださいね。

ちなみに角型『フォーサ』では、電子レンジで使う時に専用の蓋を使えば加熱調理もOK!なので、そのような加熱調理をしたい場合は、角型『フォーサ』の方がオススメですね。(角型フォーサについての詳細はこちら

FOSA(フォーサ )角型真空保存容器 5個セット

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』:FOSA フォーサ 真空保存容器

袋タイプ・角型・丸型『フォーサ』の比較表

袋タイプ『フォーサ』の真空保存袋(真空バッグ)は、M・Lの2種類で、サイズの違いはこんな感じです。

FOSA(フォーサ)袋タイプのM・L 大きさ比較

また、袋タイプ・角型・丸型、それぞれにいいところがあり、用途によって優れている部分は違ってきますので、その違い(容量・外観)を比較して表にしてみました。

製品名袋タイプ凵角型□丸型◯
商品画像FOSA(フォーサ)真空バッグ サムネイルFOSA(フォーサ)角型コンテナ 中×2FOSA(フォーサ)丸型コンテナ 中×3
価格
(税込)
ショップジャパンなら39日間返品保証真空バッグショップジャパンなら39日間返品保証角型コンテナショップジャパンなら39日間返品保証丸型コンテナ
電子レンジ対応(※1)(※2)×
重ね置き
小(S)FOSA(フォーサ)丸型コンテナ 小
直径135mm×高さ75mm・600ml
中(M)FOSA(フォーサ)真空バッグ M
縦303mm×横203mm
FOSA(フォーサ)角型コンテナ 中
幅175mm×高さ90mm×奥行115mm・670ml
FOSA(フォーサ)丸型コンテナ 中
直径135mm×高さ95mm・850ml
大(L)FOSA(フォーサ)真空バッグ L
縦354mm×横252mm
FOSA(フォーサ)角型コンテナ 大
幅235mm×高さ90mm×奥行160mm・1,480ml
FOSA(フォーサ)丸型コンテナ 大
直径135mm×高さ145mm・1,350ml
縦長FOSA(フォーサ)丸型コンテナ 縦長
直径135mm×高さ285mm・2,850ml
現在の価格 真空バッグAmazon楽天市場Yahoo!ショッピング 角型コンテナAmazon楽天市場Yahoo!ショッピング 丸型コンテナAmazon楽天市場Yahoo!ショッピング
※1 解凍のみ。加熱・油分がある食材での使用不可。
※2 専用の蓋を使う必要有。真空用の蓋は使用不可。
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

袋タイプ『フォーサ』を使ってみて

今まで丸型・角型『フォーサ』を毎日使ってはいたのですが、どうしても大きな食材などはいくらカットしても容器に入りきらないので、真空でない普通の袋に入れて保存。という感じになっていたんです。ですので、そのような食材に関してはやはり食べる時には買った時の『新鮮さ』はなくなっていたんですよね。。

ですがこの袋タイプ『フォーサ』のおかげで、これからは食材を『新鮮』な状態で食べられる期間が、圧倒的に長くなりました!いやほんとありがたい。

もうすでに『フォーサ』を使ったことある方も、使ったことをない方でも、是非この袋タイプ『フォーサ』使ってみてください!もう野菜の特売日などの日に『今安いけど、冷蔵庫で保存してる間に新鮮じゃなくなるしなぁ。。』なんて考えなくてもよくなりますよ!ほんとオススメです!!

おまけ

実はこの袋タイプ『フォーサ』、M20・L20枚が最小のセットなので、ちょっと一人では多いよなぁ。と思い、母親にM10・L10枚をシェアして使おうと思ったのです。

ですが、これを使うにはこの専用アタッチメントが必要なんですよね。

FOSA(フォーサ)袋タイプの専用アタッチメント

でも今のところ専用アタッチメントのみでの販売はないようなのです。。

ですので、どうにかアタッチメントの代わりを作れないかなぁ。と色々100均を回ってみたところ、こんなのがあったので『なんとかなるかも?』と思い買ってみたところ、

100均の真空ポンプ

こんな感じにこのゴム部分を『フォーサ』本体と袋タイプ『フォーサ』の間に挟んでボタンを押せば、普通に真空にできました!これはラッキーでした。

FOSA(フォーサ)袋タイプの自作専用アタッチメント

ゴムを丸くカットしたり、ペットボトルの蓋を間に挟んだり、色々試行錯誤してみたのですが、Simple is Best!! この『ゴム部分を間に挟んで吸引する』というのが一番簡単に、きちんと真空にできました。100均すごし!

ただ、ちょっとズレると真空にできないので、専用アタッチメントのように何も考えずに使う、ということは難しいのですが、無事母親とシェアして使えるようにはなったので、もし同様に誰かとシェアして使いたい!って方はこんな方法もありますよ!ってことで、参考まで。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

今回この袋タイプ『フォーサ』の真空保存袋(真空バッグ)は、ありがたいことにショップジャパンの方からご提供いただきました。素敵な商品ありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください