新型フォーサは角型!丸型との比較・口コミ|電子レンジ対応になった真空保存容器の使用レビュー

真空保存容器『フォーサ』については以前にて書いたことがあるのですが(詳細はこちら、以前の真空保存容器は丸型だったので、冷蔵庫で保存する時にデッドスペースができていたんですよね。ですので「角型があればなぁ。」なんて思っていたんですが、新しい『フォーサ』角型! なんです!

FOSA(フォーサ )角型真空保存容器 5個セット

あと今までの丸型は電子レンジが使えなかったのですが、新しい『フォーサ』電子レンジでも使える!! んです!!この進化は大きいですよね。

さらには真空保存容器がしっかりとした作りでかなり開けやすくなり、気になっていた部分が解消された新型『フォーサ』の保存容器、今回もありがたいことにショップジャパンの方からご提供いただけることとなりましたので、早速そのレビューを書きたいと思います!

丸型『フォーサ』と角型『フォーサ』の比較表

まずは気になる丸型と角型の違い(容量・外観)を比較して表にしてみました。

角型『フォーサ』のいいところ!

真空で食材を保存するのとしないのでは 栄養価が全然変わってくる!ということは以前のブログ(詳細はこちらで色々書いたのですが、角型・丸型で性能面に違いはないので、変わらず新鮮さは保ってくれます。ですが丸型より進化した部分がいくつかあるので、その進化したいいところ!について書きたいと思います。

電子レンジで使える!

電子レンジで使えるようになった!のは、一番大きな進化と言ってもいいんじゃないでしょうか。
新しく登場した角型コンテナには蓋が2種類あり、保存する時用電子レンジで使う時用の蓋があります。用途別につけて並べるとこんな感じになります。

FOSA(フォーサ)角型コンテナ 大 蓋比較

左は電子レンジ用の蓋、真ん中は真空保存用の蓋、右は真空保存用の蓋に電子レンジ用の蓋を被せたところです。ですので左のように緑の蓋にすれば、電子レンジで使用が可能となります。右はしまっておく時に被せれるということで、収納する時も場所を最小限にできる作りになっています。ちょっとした心遣いがいいですね!

蓋が開けやすくなった!

丸型コンテナの蓋は少々開けずらかったのですが、この角型コンテナの蓋は断然開けやすくなりました!これに関しては画像ではわかりにくいので、以前の『フォーサ』の真空チェックの時同様、『マシュマロ実験』をこの角型・丸型コンテナ比較でも行い、開けやすさも含め動画に収めてみました。

少々わかりにくいかもですが、ほんとかなり開けやすくなっています。この進化も地味ですが大きいです。

デッドスペースができない!

角形になったおかげで、冷蔵庫のデッドスペースもなくなり、冷蔵庫の中の配置もしやすくなりました!のコンテナは約半分のサイズなので、このようにぴったり重ねることもできます。

FOSA(フォーサ)角型コンテナ 大・中 重ねて収納

重ねて収納できる!

また、このように収納時に蓋と容器をバラバラに重ねて収納できるのもいいですね!丸型コンテナではこのように収納はできません。

FOSA(フォーサ)角型コンテナ 中 重ねて収納

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』:FOSA フォーサ 真空保存容器

角型『フォーサ』はやっぱりいい!

新しくなったこの角型の『フォーサ』は、痒い所に手が届くといった進化をしたんじゃないかなと思います。

その中でもやはり『電子レンジで使えるようになった』のは大きな進化で、今までは電子レンジでそのままチンして使いたいものは別容器に入れて保存したり、移し替えたりしていたのですが、この角型の保存容器では、真空で鮮度を保ったまま保存して、そのまま容器を移さずチンできるので、一手間も二手間も省け、かなり使い勝手が向上したんじゃないでしょうか。

あと作りもしっかりしていて蓋も断然開けやすくなったので、真空保存のよさを知っている方にとっては、間違いなく大きな進化を遂げた『買い』の商品になったんじゃないかな。と思います。ぜひ使ってみてください!

『フォーサ』:現在の価格

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください