2021版 ここひえ R3の評判検証!音・涼しさ・風量・フィルターのカビは?比較&口コミ|使用レビュー

クーラーより扇風機派なんですが、部屋が狭いので「小型の扇風機があればなぁ」なんていつも思っていたんです。そんな時に『ここひえ』の存在を知ってずっと気になっていたのですが、とうとうゲットしました!

ここひえR3 gifアニメ

思った通りのコンパクトなサイズで、電源をつけた瞬間からヒンヤリした風がでてきていい感じです!(梅雨で湿気があったからかな?)

そんな訳で今回は『ここひえ R3』について書きたいと思います!

ここひえ R3の印象

よくあるサーキュレーターは、小型の割に場所をとりそうなイメージで購入しようとは思わなかったのですが、この『ここひえ R3』はほんとに邪魔にならないサイズでいいですね!

ここひえR3:iPhone XSと大きさ比較

iPhone XSと比べるとこんな感じで、横幅はiPhoneより少し大きいくらいで、男性の手より小さいですね。

ここひえR3 のサイズ

サイズは約[幅176mm×高さ189mm×奥行173mm]で、重さは約[1.15kg]超軽量で、取っ手ももついていて持ち運びに便利!です。扱いやすいのはいいですね!

ここひえR3の取っ手

あと、よくある丸いサーキュレーターだと、コンパクトではあっても丸いので、その上には何も載せれませんよね?丸いのでそもそも載せるという発想がなかったかと思いますが、この『ここひえ R3』は四角いので、結構クーラーのリモコンやスマホなどの小物を置いちゃうようになりまして。。使って2週間ほど経った今では、クーラーのリモコンの定位置が『ここひえ R3』の上になりつつありますw

ここひえR3 の上はリモコン置き場に

ここひえ R3の冷風の原理

実は実家で冷風機を使っていたのですが、なかなか大きなサイズで、クーラーと同じように後ろから熱風がでてきて、水も溜まるので溜まったら捨てる。という作業が必要なものでした。

冷風機
それがこの『ここひえ R3』は反対なんですよね。大きな冷風機をご存知の方は『水を入れる???どういうこっちゃねん。。』って感じると思うのですが、この『ここひえ R3』の冷風の原理は、気化熱現象を利用する ので冷たい風がでるんですね。

わかりにくいかと思いますので簡単に説明すると、、、
気化熱とは液体の物質が気体になるときに周囲から吸収する熱のこと。なんです。
ようするに、水を蒸発させるために熱を奪うことで、その周辺温度は下がり、冷たい風がでてくる。という原理なんですね。

明日を、もっと、ハッピーに!ショップジャパン『ここひえ R3』バナー 728-90

ここひえ R3の評判検証

ショップジャパンのここひえのレビューを見てると、なかなかシビアなものが結構あるんですね。ですのでその中から、涼しさ(風の冷たさ)・風量・音・フィルターについて検証してみました。

涼しさ(風の冷たさ)

まずは一番気になるであろう涼しさ(風の冷たさ)なのですが、ヒンヤリした風がくるな。といった印象です。打ち水も同じ気化熱の原理を利用したものですので、そのイメージだとわかりやすいかと思います。

打ち水:気化熱の原理

クーラー並の涼しさ(風の冷たさ)を求めていた方にとっては、おそらく物足りないかと思いますが、もともとクーラーほどの冷風はこんなコンパクトな物から出ないだろう。と思っていたので、普通よりヒンヤリした風がくると感じたのかな。と思っています。

ですので同じように、打ち水をして得られるヒンヤリした風と似たような風がくる、とイメージしていたら問題ないかと思います。

風量

風は扇風機ように広範囲にくるわけではなく、ピンポイントでくる感じです。

動画を撮ってみましたので 0:13辺りから見てみてください。(再生ボタンを押せば 0:13から再生されます)

少々弱く感じますが、周りに気にならないようにピンポイントで使用したい方にはピッタリだと思います。

音(静音・騒音チェック)

音がうるさい!という書き込みをチラホラ見たので、こちらも動画に撮ってみました。(再生ボタンを押せば 2:46から再生されます)

正直静かではないですw 低騒音(※風量1:42.3dB)と記載はありましたが、iPhoneのアプリでは51dBほどでした。(平常時 42dB)

ただ風量1だとあまり使ってる感覚は得られませんので、いつも使うのは2,3かな。

イメージとしては、パソコンが熱くなって、ファンがめちゃくちゃ回ってる時の感じでしょうか。実際のファンはこんな感じです。

ここひえR3のファン

見ての通り『ここひえ R3』のファンは、パソコンに使われているようなファンの少し大きい版、って感じですね。

フィルター

フィルターのカビについてですが、やはり水を吸ってその水を気化するためにフィルターが使われているので、気になるのかもしれませんね。クーラーの中でも結構カビは生えますもんね。

ショップジャパンの実験結果から見ると(ここひえページに画像あり)、カビの生えにくいフィルターを使っているので、そこまで心配する必要はなさそうですね。もし1,2ヶ月使ってみてもしカビが生えるようなことがあれば、きちんと更新したいと思います。

ちなみにこれが『ここひえ R3』からフィルターを取った時の実際の写真です。

ここひえR3 フィルターを取り出した画像

このフィルターと取っている時はランプが点滅し、電源は入らないようになっているので、安全面に気をつけた設計になっているというのもポイントですね!

ここひえ R3を使ってみて

個人的には、コンパクトで使い勝手のいいものを求めていたので、かなり好印象でした。
ですが、色々書き込みあった『クーラーのような涼しさ(風の冷たさ)』を求めて買われた方にとっては、物足りなく感じるかもしれません。

あと気になった点をあげると、電源のオンとオフで動作が変わる(違う)という挙動が、正直なかなか慣れません。。オンは軽く押すだけなのに、オフは長押しなのですが、2週間使った今でも毎回考えてオンオフしないとダメなので、オンオフの動作は同じに改善して欲しいところですね。

もうひとつ、電源入れ直すと首振り機能の状態がリセットされるので、これも記憶(メモリ)しておいて欲しいなぁ。こちらはできることなら。

なにはともあれ、クーラーより扇風機派の方や、職場でコンパクトに使いたい!って方にはちょう〜〜〜どいい商品だと思います!
ほんとピンポイントで風がきてくれるので、足下が冷えて困る。。ということは全くありませんし、乾燥も気にならないので、なにより置き場に困らない!ので、コンパクトなサーキュレーターや冷風機を探してる方、ぜひ使ってみてください!

(今回ご紹介した『ここひえ R3』は、ショップジャパンの方からご提供いただきました。ありがとうございます!)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください