Mac OS X:一瞬で消える『Java』の警告と、その解決策について

いつから?かわからないのですが、一瞬だけ警告が出てくるようになりました。ほんとに一瞬だけなので、何かわからない。

Applecareのサポートに電話しても『その警告画面を見てみないと何とも。。』
とのことで、仕方なく地道にその警告が出る時間等をその都度記載し、何か規則性がないか調べてスクリーンショットをとる事に成功したのですが、その正体は『Java』の警告でした。
これです。
java alert 1

最初は何かのウイルスかなにかかな?と思ってチェックもしてみましたが、ひっかからず。でもホントに一瞬なので、『何かのサブリミナル効果があるんちゃうやろか』とか色々考えてしまってたのですが、とりあえず判明してよかった。。

内容と規則性規則性

アプリケーション”java”へのネットワーク受信接続を許可しますか?

“拒否”をクリックすると、アプリケーションの一部の機能が利用できなくなる事があります。この設定は”セキュリティとプライバシー”環境設定の”ファイアウォール”パネルで変更できます。
[拒否][許可]

見ての通り『Java』のもので、アップデートかなんかでこうなってしまったのでは?と推測されるのですが、これのでてくる規則性、ピッタリ3時間おきにでてきて、一瞬で消えます。スリープ等されるとまた変化するので、ずっと起動している場合のみ、ピッタリ3時間おきって感じです。参考までにメモです。左が時間で、右がup time(Macを起動してからの時間)です。最後の方がだいたいわかってきたので、詳細の記載は省略してます。

java alert 2

解決方法

Appleのサポートの上位部署の方と何度もやり取りして、いろ〜〜〜んな事を試したのですが、なかなか解決には至らなかったのですが、ようやく解決まで辿り着いたのでその方法を。それまでに試した事はたくさんあるのではしょります。

  • Javaを提供しているOracleのサイトへいって、
    最新版のJavaをインストールする!

以上です!

3時間ごとに必ず『チラっ!!』とだけでてきて、かなりうっと〜〜〜しかったのですが、
ようやく数ヶ月ぶりに警告がでない、正常な状態に戻りました。。

長かった〜〜〜。。。
同じような症状で困っている方、試してみてください。

ちなみに環境は
Mac OS X:10.8.5でした。

上記以外(Googleアドセンス)



関連記事

GW3.5AX2-SU3:REV2.0

オススメ!玄人志向 USB3.0HDDケース GW3.5AX2-SU3/REV2.0:レビュー&比較


前の記事で 3.5インチのハードディスク『WD30EZRZ-RT』について書きましたが、それの購入を機に、USB3.0H…

記事を読む▷


show_hidden_file

Mac OS Xで、不過視ファイル(隠しファイル、フォルダ)をターミナルを使用して非表示にする(表示させる)方法


突然?というか、気がついたら『mach_kernel』という本来は不過視ファイル(隠しファイル)であるべきファイルが、可…

記事を読む▷


Logic_Icon

Logic Pro(9) オリジナルアイコンの作り方!!2014年度版


『Logic Pro X:オリジナルアイコンの追加方法(2015年度版)』 を追加しました! 詳細はこちら …

記事を読む▷


MacのChromeが何かおかしい時の解決方法:設定は極力そのままでなんとかする!!


前回 はChromeがよくクラッシュするので、その解決方法を書いたのですが、クラッシュ自体はなくなったのですが、どうも何…

記事を読む▷


cant use iPad_01

『iPadは使用できません』って言われても。。iPadを復活=ロック解除させる方法(iPhoneもOK!)


以前使っていたiPadを、現在は甥っ子が使っているのですが、『iPadが使えなくなった!』と持ってこられてしまいました。…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください