Mac OS X:一瞬で消える『Java』の警告と、その解決策について

いつから?かわからないのですが、一瞬だけ警告が出てくるようになりました。ほんとに一瞬だけなので、何かわからない。

Applecareのサポートに電話しても『その警告画面を見てみないと何とも。。』
とのことで、仕方なく地道にその警告が出る時間等をその都度記載し、何か規則性がないか調べてスクリーンショットをとる事に成功したのですが、その正体は『Java』の警告でした。
これです。
java alert 1

最初は何かのウイルスかなにかかな?と思ってチェックもしてみましたが、ひっかからず。でもホントに一瞬なので、『何かのサブリミナル効果があるんちゃうやろか』とか色々考えてしまってたのですが、とりあえず判明してよかった。。

内容と規則性規則性

アプリケーション”java”へのネットワーク受信接続を許可しますか?

“拒否”をクリックすると、アプリケーションの一部の機能が利用できなくなる事があります。この設定は”セキュリティとプライバシー”環境設定の”ファイアウォール”パネルで変更できます。
[拒否][許可]

見ての通り『Java』のもので、アップデートかなんかでこうなってしまったのでは?と推測されるのですが、これのでてくる規則性、ピッタリ3時間おきにでてきて、一瞬で消えます。スリープ等されるとまた変化するので、ずっと起動している場合のみ、ピッタリ3時間おきって感じです。参考までにメモです。左が時間で、右がup time(Macを起動してからの時間)です。最後の方がだいたいわかってきたので、詳細の記載は省略してます。

java alert 2

解決方法

Appleのサポートの上位部署の方と何度もやり取りして、いろ〜〜〜んな事を試したのですが、なかなか解決には至らなかったのですが、ようやく解決まで辿り着いたのでその方法を。それまでに試した事はたくさんあるのではしょります。

  • Javaを提供しているOracleのサイトへいって、
    最新版のJavaをインストールする!

以上です!

3時間ごとに必ず『チラっ!!』とだけでてきて、かなりうっと〜〜〜しかったのですが、
ようやく数ヶ月ぶりに警告がでない、正常な状態に戻りました。。

長かった〜〜〜。。。
同じような症状で困っている方、試してみてください。

ちなみに環境は
Mac OS X:10.8.5でした。



関連記事

clamshell-mode02

Macbook Pro を閉じたまま使う『クラムシェルモード』と 熱対策について


MacBook Proはかれこれ、、、もう10年くらい使ってるのかな?長い付き合いになってます。昔はiMacだったのです…

記事を読む▷


https://kimagure-blog.com/wp-content/uploads/2018/12/ADATA-SU800-2TB

【SSD比較:2TB】2TBの内臓SSD(2.5inch)が2万円代突入! 厳選5種類をまとめました!( 〜4万円)


29,800円!で2TBの内臓SSD(2.5inch)を買っちゃいました!! 以前『MacBook Pro…

記事を読む▷


zip_cpgz_loop

Macでzipファイルを解凍できない時の対処方:zip→cpgz→zip…無限ループの脱出


さて。題名の通り、zip→cpgz→zip…の無限ループに陥ってしまいました。 このzipの圧縮ファイル、…

記事を読む▷


iPhonePanelDIY002

iPhoneの割れた画面(フロントガラス、タッチパネル)をDIYで交換する方法:その2 フロントパネルから部品を外す


iPhoneの割れた画面(フロントガラス、タッチパネル)をDIYで交換する方法 その1:フロントパネルを外す の続きです…

記事を読む▷


『モバイル保険』の申込み方法!実際に入ってみました!


『モバイル保険』については先日、『iPhoneの保険は『モバイル保険』が断然お得!AppleCare+・ケータイ補償…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください