『service@apple.co.jp』からのメールは要注意!スパム(迷惑)メールです!!

最近よく『service@apple.co.jp』のアドレスから怪しいメールがくるようになりました。

Apple spam

まだこれはきちんとした日本語ですが、

『[New Statement Update]:お客様のアカウントがお客様のパスワードをリセットするために提出されました』

等、明らかに日本人が作った文ではない、おかしな件名の場合もあり、これはすぐスパムだとわかると思うのですが、

『お使いのApple IDのパスワードがリセットされました。』

これは知識のない方ならひっかかってしまいそうですよね。

しかもメールアドレスのドメインが『@apple.co.jp』とあるから、これまたやっかいなんですよね。両親や身内にこのことを知らせた時、教えてなかったらひっかかってそうな反応でしたしね。。

迷惑メールの内容

あげたらキリがないので一例ですが、件名はこんな感じが多いです。

『お使いのApple IDのパスワードがリセットされました。』
『[New Statement Update]:お客様のアカウントがお客様のパスワードをリセットするために提出されました』
『[要約更新レポート]:Statement更新アカウントはログインには使用できません。再アクティブ化されました。』
『[アップデートの要約]:あなたのApple IDはセキュリティ上の問題のため完全にロックされています』

内容は、

拝啓、
私たちは、あなたのアカウント情報の一部が誤っていることをお知らせしたいと思います。私たちは、あなたのアカウントを維持するためにお使いのApple ID情報を確認する必要があります。 下のリンクをクリックしてアカウント情報を確認してください。:
マイアカウント確認 >
私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。
Appleチーム

がほとんどだったのですが、こんなのもありました。

Apple-Spam
あきらかにデザインがいい加減。これでもひっかかる人がいるから使われてるんでしょうけど、やるならもうちょいきちんとやれよ。と思っってしまいますよね。。

Apple サポートセンターでの回答

念のためAppleにも確認してみましたが、『このようなメールは『スパムメール(迷惑メール)』で間違いない。』とのことです。
『@apple.co.jp』は以前は使っていたこともあるようですが、現在は『@apple.com』に統一され、IDに関することのメール等は『appleid@id.apple.com』等、『@id.apple.com』のドメインからくるようになっているようです。

というわけで、同じようなメールを受信された方、こんなメールは相手にせず、遠慮なく無視しちゃいましょう!!

上記以外(Googleアドセンス)



関連記事

APPLE MagSafe電源アダプタ (85W) A1343 3

Apple MagSafe電源アダプタ:バルク品と製品版の比較、違い等 (85W MC556J/A, MC556J/B, A1343) 


MacBook Pro 15inch 2009を使いだして3年が過ぎてから、MagSafe電源アダプタが充電中なのにラン…

記事を読む▷


GW3.5AX2-SU3:REV2.0

オススメ!玄人志向 USB3.0HDDケース GW3.5AX2-SU3/REV2.0:レビュー&比較


前の記事で 3.5インチのハードディスク『WD30EZRZ-RT』について書きましたが、それの購入を機に、USB3.0H…

記事を読む▷


iPad修理完了!

iPadの割れた画面(フロントガラス、タッチパネル)をDIYで交換する方法


自分のiPadではないのですが、バリバリに割れたiPadの画面をDIYで交換することになりました。 見ての…

記事を読む▷


eset-renewal サムネイル

Amazonで購入したESETで更新(新規登録)する方法


前回の記事『ESETの更新はどこが安い?Amazon・楽天・ Yahoo?公式サイト?価格比較』で、ESETはどこで購入…

記事を読む▷


Chrome_delete01

「Chrome」の[delete(Backspace)]キーで、前のページへ戻れなくなった時の対処方法:バージョン 52


ある日突然、Chromeでネットを見ていて [Backspace]キーで前のページに戻ろうとすると、 『[Alt]+[…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください