調整ができる老眼鏡『ドゥーアクティブ』仕組み・ハズキルーペとの違い・口コミも

最近よく「ダイレクトテレショップ」の商品を利用させてもらっていて、HPでまたまこの『ドゥーアクティブ』という調整ができる老眼鏡を発見したんですが、老眼鏡にはあまり見えず、なかなか画期的&オシャレ!ですね!

調整ができる老眼鏡『ドゥーアクティブ』

『ハズキルーペ、すごい!』のCMで一時期かなり話題になっていた『ハズキルーペ』のおかげ?で、それまで関心のなかった老眼鏡(シニアグラス・リーディンググラス)が身近なものに感じるようになり、今回ご紹介するこの『ドゥーアクティブ』も目に止まったのですが、最近スマホやタブレットの利用が増え、お年を召された方だけでなく、若い方の近視や老眼(若年性老眼)が気になる方も増えてるようですよね。

そんな訳で今回はこの『ドゥーアクティブ』についてです!

ドゥーアクティブの外観

まず届くとこんな感じの箱で届くのですが、

調整ができる老眼鏡『ドゥーアクティブ』の箱

マレーシア製(デザインや設計はイギリス)ですが、きちんと日本語の箱、説明書、そして携帯ポーチ(メガネ収納袋)も付いています。

色は今回エメラルドにしたのですが、この色、なかなか年寄り臭くなくていいですね!

調整ができる老眼鏡『ドゥーアクティブ』収納袋付き

実は最初、父親にプレゼントの予定だったのでどの色がいいか聞いたところ、「エメラルド」と言われて「え?なんでこの色??」と思ったんです。他に「グレー」と「バイレット」があるのですが、そちらの方が無難な気がしていたので。

『ドゥーアクティブ』のカラー:グレー・バイオレット・エメラルド

ですが実際に手に取ってみると、この「エメラルド」は『老眼鏡』っぽくもないですし、気分的にも明るくなりそうでいいですね!

ちなみにこの『ドゥーアクティブ』、最大2倍の拡大鏡としても使うことができる!ので、老眼でない方でも細かい作業に使えますし、この「エメラルド」はいろんな年代の方に使えるのでいいかもですね!

ダイレクトテレショップ:調整ができるアドレンズ『ドゥーアクティブ』(老眼鏡)w728

ドゥーアクティブの詳細スペック

ドゥーアクティブの詳細スペック

適用度数

視力に合わせて度数が調節できるのがなんといってもこの『ドゥーアクティブ』の魅力だと思うのですが、その適用度数は「+0.5D~+4.0D」と幅広く調節が可能です。ですので、視力が変わったからと言って購入し直さなくてもいい!ので、すごく経済的でいい!ですね!!

正確な度数がわからない方でも自分で調節できますし、さらには左右の視力に違いがあってもそれぞれ別々に調節できる!ので、便利ですよね!

焦点距離

焦点距離は「25cm~2m」まで対応可能でです。また、先にも書きましたが、最大2倍の拡大鏡としても使うことができる!ので、老眼でない方でも細かい作業に使えます!

ちなみに気まぐれ管理人は普段メガネを使わないのですが、ハンダ付けなどの細かい作業をする時は拡大鏡を使ったりします。ですが、やはり拡大鏡は片手が使えなかったり、据え置きのものでも微妙に使いにくいというか、不便なんですよね。。

その点この『ドゥーアクティブ』は両手が使えるのでかなり便利!です!

UV(紫外線)・ブルーライトカットも!

この『ドゥーアクティブ』のレンズ、ただのプラスチックではなく UV(紫外線)は99.9%カット!され、スマホやタブレットで気になるブルーライトも30%以上カット!されるので、目に優しいのもいいですね!

ドゥーアクティブの仕組み

この『ドゥーアクティブ』の最大の特徴といっていいと思うのですが、調節できるレンズの仕組みはこんな感じです。

ドゥーアクティブのレンズ

2枚のスライド式レンズが重なっていて、その重なり具合を下の画像の調節ネジ?(ツマミ?)で調節することによって、度数の変更ができる仕組みとなっているようです。

ドゥーアクティブの調節部分

ちなみにこのレンズは「アルバレズレンズ」という、イギリスのアドレンズ社(ADLENS)が開発したレンズだそうです。

ダイレクトテレショップ:調整ができるアドレンズ『ドゥーアクティブ』(老眼鏡)w728

ハズキルーペと比べてみた!

気になる『ハズキルーペ』と『ドゥーアクティブ』の剛性というか柔軟性?を比較してみました。といっても大した動画ではありませんが。。

見ての通り、柔軟性は結構あります。

調節ネジ(ツマミ)がある分、剛性は『ハズキルーペ』の方があるとは思いますが、あのCMのように、メガネの上に座ったくらいでは大丈夫なくらいの柔軟性はありそうですね!

値段に関しては『ハズキルーペ』の方が定価?正規品?は3,000円ほど高い感じですね。ただAmazon等では『ドゥーアクティブ』と同じくらいの値段で売られているところもありますね。

あと『ハズキルーペ』は老眼鏡(シニアグラス・リーディンググラス)ではなく、『眼鏡型のルーペ』のようですね。

ハズキルーペは、小さいものや細かいものを大きく拡大することを目的とした眼鏡型のルーペです。両手が使え、またメガネやコンタクトレンズの上からも掛けられます。
※眼の機能低下を矯正するものではありません。

老眼鏡は、ピントを合わせることを目的としたレンズです。
ピントが合っても、小さな字は小さいまま見えます。

ハズキルーペHPより

ですので老眼鏡(シニアグラス・リーディンググラス)の『ドゥーアクティブ』とは、似て非なるものという感じだったんですね。。

ドゥーアクティブの使い心地(口コミ)

両親に今送っているところですのでまた感想が届いたら記載したいと思いますが、気まぐれ管理人が使った感想としては、やっぱり細かい作業をする時は見やすく、使いやすくて便利ですね!

実際に『ドゥーアクティブ』をかけると、スプーンの内側のように曲面に見えます。

ドゥーアクティブから見たスマホ

メガネを普段かけないので普通がどうなのかわかりませんが、こんな感じですね。※この画像は、修正して作ったイメージ画像です。

あと鼻パッド部分は、以下のように変形可能な金属が中に入っていますので調節可能です。

ドゥーアクティブの調整可能な鼻パッド

よく友人から『鼻が低いからサングラスとかかけれない。。』と聞いていたことがあるのですが、これなら鼻の形や大きさに関係なくフィットさせることができるので、どんな鼻の方も気にせず使えるのはいいですね!

ドゥーアクティブはかなりオススメかも!

そんなわけでこの『ドゥーアクティブ』を色々な面からチェックしてみたのですが、かなりいい商品な気がします。『ハズキルーペ』のような柔軟性もそこそこある=壊れにくいでしょうし、値段に関しては『ハズキルーペ』よりも3,000円ほどかな?安いですし、また『ドゥーアクティブ』の売りである「調節ネジ」もあるので、視力が変わっても、また左右差があっても調節して使えるので、今老眼鏡(シニアグラス・リーディンググラス)をお探しの方にはかなりオススメだと思います。今後視力が変わっても調節できますしね。

身近に老眼鏡(シニアグラス・リーディンググラス)必要な方がおられたら、ぜひオススメしてみてください!これは喜ばれると思いますよ!

ドゥーアクティブ

ダイレクトテレショップ:調整ができるアドレンズ『ドゥーアクティブ』(老眼鏡)w336


関連記事

リフレッシュツインボール:サムネイル

ゆらころんについてる『リフレッシュツインボール』の使い方&口コミ


2020年4月に発売されたばかりの、ショップジャパンの『ゆらころん』。この『ゆらころん』については以前『こちら』…

記事を読む▷


FOSA(フォーサ )角型真空保存容器 セット:サムネイル

新型フォーサは角型!丸型との比較・口コミ|電子レンジ対応になった真空保存容器の使用レビュー


真空保存容器『フォーサ』については以前にて書いたことがあるのですが(詳細はこちら)、以前の真空保存容器は丸型だっ…

記事を読む▷


ゆらころん

腰痛にも効く!ゆらころんの使い方&口コミ|効果的なエクササイズは?


最近テレビショッピング等で話題の『ゆらころん』。使ってみると腰痛持ちの管理人でも楽に腹筋ができました!なかなかい…

記事を読む▷


3d-massageroll00

超オススメ!ドクターエア『3Dマッサージロール』口コミ・レビュー|ストレッチロールとの違いも!


以前『1ヶ月でヘルニアを治す!!』で書いたのですが、ひどいヘルニアになった時がありました。その時ヘルニアを治すた…

記事を読む▷


効果抜群!ドクターエア『3DアイマジックS』口コミ&比較 レビュー 動画あり!


2019年4月27日に発売されたアイマッサージャー・ドクターエア『3DアイマジックS(EM-03)』。購入した時はまだ発…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください