NY日記 〜身近に遭遇するNYの危険について〜

Pocket
LINEで送る

知っていれば面白い、知らないで遭遇したらオロオロ。。となってしまうであろう、そんなNYの身近に遭遇する危険についてちょっと書きたいと思います。

NYの身近に遭遇する危険

これを知ってて遭遇するのと、知らずに遭遇するのでは大違い!!
ってことで、知らない方は是非是非知識として入れておきましょう!

実際に見た、聞いた、遭遇した、面白おかしい危険の例

最初にNYに行ったのは2007年だったのですが、その時から色んな情報は耳に入ってました。そして遭遇する率も結構高かったので、注意するというか、面白おかしく経験した事もありました。

その例を書いてみますと、

・最初から割れたワインの瓶を紙袋に入れて、わざとぶつかってきて落として『高かったのに!!!』といちゃもんつけてお金を要求するおっさん
・割れたメガネをわざとぶつかってきて落として、『これ学校のメガネやのに!!!』といちゃもんつけてお金を要求するガキ

等々

これは実際に経験してる人が周りにいます。そして僕も経験済みです。メガネのガキの方。

他にも、注意しないと行けないものは、まずタクシーですね。
英語ができず、そして空港から宿泊先への交通手段がわからない方は、空港でうろついているタクシー、いわゆる白タク(無許可のタクシー)のおっちゃんなりおにーちゃんが、やたらと声をかけてきて勝手にスーツケースを持って行って、
『いーよ!俺が運んだげるから!どこにいくの?』
と勝手にどんどん話を進めてタクシーにスーツケースを入れてしまいます。
そして宿泊先あたりについたら高額な料金を請求してきます。

実際にこれの被害にあったダンサー仲間は、200ドルをボッタされました。
ちなみにイエローキャブ(許可のある一般的なタクシー)では空港からのレートは決まっています。だいたい50ドル前後だったと思います。
チップを入れても6,70ドルくらいで十分だと思います。(2014現在)

ついでに書いておくと、自転車でタクシー代わりに案内する車?をマンハッタンの街中でよく見かけると思いますが、これは絶対乗ってはダメです。タクシーよりもバカ高く、700ドルを請求された方もいるそうな。

そんな訳で、乗り物関係は要注意!!です。

最新版!!(2014/7)の身近に遭遇するNYの危険について

さて。先日(2014/7)NYに行った時、新たに耳に入った、そして滞在中にニュースになっていた事、これを今回はご紹介します!

これはタイムズスクエア辺りで注意してください。
着ぐるみをきたキャラクター、いっぱいうろついているのですが、このなんちゃってキャラクター達と一緒に写真をとっては絶対にダメです!
一緒に写真を撮ってしまうと、チップを要求されます。で、1ドルや5ドルをだそうもんなら、『そんなの少ない!もっと!!』と着ぐるみの頭をとってすごい形相で迫ってくるそうです。子供の”夢”なんて関係ないんです。こういう人たちは。

そして実際に滞在中にTVをつけていたら、スパイダーマン(みたいな衣装を着たストリートパフォーマー)が逮捕されてました。
こういう行為が警官には知れ渡っているため、その時その場に居合わせた警官が注意したところ、邪魔するなとスパイダーマンもどきが警官に殴り掛かかり、逮捕されたようです。
実際に逮捕される瞬間の映像はこちら。

Yahoo!のニュースでもとりあえげられてました。

NY News

よく見ると、昨年からスパイダーマンもどきだけでなく、エルモもどきも逮捕されてますね。
ま、そんなわけでNYでは、日本のディズニーランドやUSJのキャラクターと写真を撮るような感覚で、へんなキャラクターと写真を撮っちゃダメですよ!!!

NYの身近な危険



関連記事

air-ticket

海外航空券の価格比較:一番安いとこはどこ?


今回は実際にNew Yorkに行くため『東京ーNew York』で色々検索、比較して格安航空券を購入したのですが、どこの…

記事を読む▷


NYのレストラン

NY日記 〜NYの美味しいレストラン一覧〜


NYに限らずどこかを案内する時、一人なら適当にDeliなりなんなり適当に入って何か食べればいいですが、誰かを案内するとな…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気のENTRY TOP 7

NEW ENTRY

  • カテゴリー




最新のApple情報

gruttob.glen