FQ777 Pocket Drone 124(ポケットドローン):使用レポート&操作方法(動画あり)

Pocket
LINEで送る

最近はまってしまった “ドローン” についてのブログの第四弾です!
今回は 『FQ777 Pocket Drone 124』 というポケットドローン(ミニドローン)を購入したのですが、今までで一番安定して飛ばせるような気がします。

“ポケットドローン『FQ777 Pocket Drone 124』”
FQ777_01

今回はこの “ポケットドローン『FQ777 Pocket Drone 124』(ミニクワッドコプター)” の使用レポートです。

Yahoo!ショッピング:現在の価格
楽天市場:現在の価格
Amazon:現在の価格

使用レポート・動画

早速レポートしていこうと思うのですが、これ、今までのと比べると機能が一番しっかりしてるというか、多いというか、なかなかの高機能のミニドローンのようです。

360°フリップ(宙返り)左右の旋回は勿論できますし、他のドローンではできなかった、モード切替(1と2)ができたり、ボタン一つで帰ってくるオートリターンモードや、ヘッドレスモード(これは世界最小ドローン『SKEYE Pico Drone』にもあり)、あと本体から充電できたり(これは球体ドローン『ROBOTIC UFO』にもあり)、ストラップが付けられ、ほんとポケットドローンという名のように、持ち運びすることを想定して作られたドローンのようですね。

大きさは世界最初ミニドローン『SKEYE Pico Drone』『SPACE TREK』と比べるとこんな感じです。
FQ777_02

『SKEYE Pico Drone』よりちょっと大きめかな。という感じですが、普通に小さいです。そしてしっかりとしたブレイドカバーや、Landing Skids と呼ばれる、着陸用の “ソリ” がこれにはついているので、下に落ちた時の衝撃も緩和できるようになってます。これは『SPACE TREK』にも付いてませんでしたので、装備的にもこの『FQ777 Pocket Drone 124』は一番しっかりしてますね。

説明書はこれまた英語&中国語のものしかありませんので、“ドローン” 初心者の方や、日本語の説明書がなくてお困りの方のために、今まで同様動画を作ってみました。

ポケットドローン『FQ777 Pocket Drone 124』(2.4GHz 6軸ジャイロ搭載 マルチミニクワッドコプター):使用レポート&操作方法動画

詳細な操作方法はこの動画に記載してますが、“ドローン” のリモコンのモードや操作方法等については下に書いていきます。

操作方法・名称

『SKEYE Pico Drone』『SPACE TREK』 モード2 でしたが、この『FQ777 Pocket Drone 124』は、 モード1,2 どちらでも操作可能です。(モードについての詳細は こちら から)

リモコンの操作方法は、デフォルトではモード2です。

モード2 左スティック 右スティック
上下 上昇下降 前進後進
左右 左右旋回 左右移動
『FQ777』オリジナル設定
プッシュ
(下に押す)
スピードの切り替え 360°回転待機

操作は人それぞれでしょうが、当方はこちらがしやすいと思います。慣れてるだけですので「モード1がいい!」という方もおられるとは思いますが。

モード1 左スティック 右スティック
上下 前進後進 上昇下降
左右 左右旋回 左右移動
『FQ777』オリジナル設定
プッシュ
(下に押す)
360°回転待機 スピードの切り替え

トリミング(ドローンの位置調整)は、上の動画に詳細の説明をしてますが、
モード2では、右スロットルの右側にある4つのボタンを、
モード1では、左スロットル左の、上から2つのボタンと、右スロットル右の、下から2つのボタンを、
それぞれ使用して調整します。

あとこの『FQ777』は、旋回のトリミングが、左スロットルの左側にある下から2つのボタンを使用して調整できます。(モード1,2同じ)これはこの『FQ777』のみできる機能です。

360°フリップ(宙返り)は、右スロットルを下に一回プッシュすると宙返りの待機状態になり、上下左右、回したい方向に一回押すと、クルッと1回転し、その後は普通の前進後進、左右移動のモードに戻ります。(モード1は逆の左スロットルです。)
連続でクルクル宙返りさせるには、『SKEYE Pico Drone』『SPACE TREK』同様、1回1回右スティックをプッシュさせる必要があります。

ちなみに、左スロットル左の上から2つのボタンは、上から
ワンキーオートリターン機能:このボタン一つで、ドローンを帰還させる機能
ヘッドレスモード:向きを気にせず操作できるモード
なのですが、これはイマイチきちんと反応してたことがありません。。ので、せっかくのよい機能のようですが、これのおかげで、明後日の方向に飛んでいったりして、破損の原因になりかねないので、今の所使用していません。もしかしたら、個体差がある?のかな?と思いましたが、2台使用しても同じような感じだったので、こんなものなのかな?という感じです。(使いこなせる方おられたら、ぜひ方法を教えてください!)

注意点こちら に書いてますので、すぐ壊して使えなくなる前に1度、目を通しておいた方が良いと思います。

と簡単に説明しましたが、このドローンも実際に操作しないとわからないと思うので、動画 を参考にどんどん触って飛ばしてみてください!

まとめ

ミニドローンの中ではこの『FQ777』が一番オススメのような気がします。『SKEYE Pico Drone』世界一小さいということで、かわいいですしやっぱりなにより小さいですが、ブレイドガード等がありませんし、ぶつけてブレイド(プロペラの羽)が飛んだり折れたりする可能性が高いです。その点この『FQ777』は、ブレイドガードもしっかりしてる上に、どのミニドローンにもなかった『ソリ』があり、落下した時の衝撃が和らげられ、本体にやさしいです。
FQ777_03

ついでに言っておくと、プロポ(リモコン)のスティックの形状も変えられ、携帯ストラップも付けられます。(両方付属してます。)
FQ777_04

勿論、ほかのドローンと同様、めちゃくちゃ面白いです。

そんなわけで操作も一番安定してますし、微調整も左右回転までできる。そしてモード切替もありますし(モード1希望の方には◯)、本体からの充電も可能。と、機能、操作性、携帯性、どれを取っても一番よい気がしますので、初心者の方だけでなく、操作に慣れた方にもこの『FQ777』はオススメだと思います。

あえてマイナス面を挙げるとするなら、、、

  • 価格面でほんの少し、他のミニドローンより高い(¥1,000前後?)
  • 電池が多めに必要(単三×4個:他は単四×2)
  • 飛行時間が短め(4分少々?:他は5分位?)
  • 部品(プラスチック)が弱め?(折れやすい感じ?)

って感じでしょうか。

でもそれを全部差し引いても、総合的にはこれがオススメですね!

Yahoo!ショッピング:現在の価格
楽天市場:現在の価格
Amazon:現在の価格


関連記事

SPACE TREK01

SPACE TREK(ミニドローン):使用レポート&操作方法(動画あり)


先日、久しぶりにこれぞ "おもちゃ" という言葉に値するであろう "世界最初 ミニドローン『SKEYE Pico Dro…

記事を読む▷


球体ドローン『ROBOTIC UFO』

ROBOTIC UFO(球体ドローン):使用レポート&操作方法(動画あり)


先日 "世界最初 ミニドローン『SKEYE Pico Drone』" を購入してからはまってしまっている "ドローン" …

記事を読む▷


SKEYE-Pico-Drone01

世界最小ドローン SKEYE Pico Drone(ミニドローン):使用レポート&操作方法(動画あり)


追加情報(2015/12/30) 2015年12月10日から、ドローン等に関する飛行ルールが新たに導入されましたの…

記事を読む▷


Comment

  1. たけたけ より:

    教えてください。
    FQ777 Pocket drone の
    プロペラ交換は、どうやって
    やるのでしょうか

    よろしくお願いします

    • JUN Kimagure より:

      たけたけさん、
      プロペラ交換は、引き抜くだけですよ!
      ただ、プロペラを持って引き抜いたりすると、曲がったり折れてしまったりするので、
      慎重に根元の軸部分を均等な力で引き抜くようにすれば、
      問題なく引き抜く事ができると思いますよ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気のENTRY TOP 7

NEW ENTRY

  • カテゴリー




最新のApple情報

gruttob.glen